meeting-r03-01

2021年 7月創造例会のご案内

開催概要

日  時: 2021年7月16日(金) 14:00~16:30

会  場: 本公演はWEB開催です。 一般参加者の視聴は当ホームページから

参加費用: 参加無料

スケジュール:

14:00~14:10  開会の挨拶

【研究発表】

14:10~14:35 (発表15分/質疑10分)
  神戸大学 大学院工学研究科
  佐藤隆太 准教授(専門分野:機械工学)
  発表タイトル: 工作機械分野における産官学連携と大学の在り方

工作機械は製造業の根幹を支えており,工作機械関連の技術力はその国の工業力を表すともいわれます.工作機械そのものを研究対象としている大学の研究者は多くはありませんが,工作機械メーカやユーザ,業界団体と密接に連携しながら産業界を支えています.大学がもつ「非営利性」「中立性」といった特性や,「真理の探究」を目的とした研究姿勢が,結果的に日本の工作機械技術に対する世界的な信用を高めるとともに,工作機械メーカとユーザおよび多くの機械要素メーカやソフトウェアベンダーとの間の相互理解のための知識基盤をつくりあげています.

14:35~15:00 (発表15分/質疑10分)
  兵庫県立大学 大学院工学研究科
  森本雅和 准教授 (専門分野:画像認識)
  発表タイトル: AI外観検査システムの開発事例紹介とAI導入の進め方

パンの画像認識レジシステム「BakeryScan」をはじめ,これまで産学共同で開発してきたAI画像認識システムの開発事例を紹介するとともに,AI導入の流れやデータ収集時のポイント,開発・運用における注意点や社内教育の進め方等についてご紹介いたします.

15:00~15:05 (休憩)

15:05~15:30 (発表15分/質疑10分)
  明石工業高等専門学校 機械工学科
  加藤隆弘 教授 (専門分野:機械加工学)
  発表タイトル: レーザ加工による表面改質技術

製造現場においてレーザ加工機が導入され、その多くは主に切断用として使用されている。レーザビームは照射条件を制御することにより、金属材料の表面改質も可能である。本会では、レーザ照射による潤滑性向上を目的とした機能付与のための 被膜形成、表面テクスチャリングによる表面改質技術についての研究を紹介する。

15:30~16:00 (発表30分)
  はりま産学交流会 会長・副会長
  産学連携入門セミナー:産学連携がオススメな企業の課題
  ※パネルディスカッション

会長・副会長の関連した産学連携成果を紹介する。各案件に関しての意見、質問を会長・副会長の相互で行い、今後の産学連携で推奨される分野・内容を総括する.

16:00~16:30 (30分)
  個別相談・交流会 ブレイクアウトルーム
 (兵庫県立大学/神戸大学/明石高専/はりま産学交流会)

16:30 閉会


参加申し込み

Zoomによる参加方法は、当会のメーリングリストにて案内されます。
必ずご確認ください。
一般参加者でZoomによる参加をご希望の際は、下記よりお申し込みください。



お問い合わせ

姫路商工会議所内

はりま産学交流会事務局




視聴ページ


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional